« SWEET SSWEETS SWEET♪ | Main | ハイアットリージェンシー大阪 »

February 15, 2006

BEIGE 東京 もう食べれません・・。

http://www.beige-tokyo.com/  http://www.pierre-gagnaire.jp/j_index.html 
http://www.french.ne.jp/ouvert/0503/050301.htm
お江戸の日曜日のランチは上の候補から悩みに悩んでBEIGE東京にいってきました。
「ベージュ 東京」は訪れた方々に驚きを与えるレストランであり続けます。
シャネルのエスプリが存在し、ピーター・マリノ氏によって見事に演出されています。インテリアに使われた素材、色彩にいたる全てにおいて、シンプルでエレガント、細部にいたる全てからこだわりが伝わってきます。この贅沢な空間の中、アラン・デュカス氏はフランス料理の真髄を継承しながらも、日本料理のエッセンスをわずかに加えることで、現代的なモダニズムに満ちたメニューを表現することに成功しました。
てなコンセプトのお店で銀座のシャネルにむかうもフォクシーの近くのシャネルと間違え、そそくさと松屋さんだったかな?松坂屋だったかな?の目の前のシャネルに急ぎ、シャネルマークのボタンのエレベーターにのりお店へ・・。お手洗いに行きたかったので案内してもらったけどお洒落だけどわかりにくいお手洗いでした。
でお料理は6000円のコースをいただきました。しかしパンナが1本1260円だったかな?は高すぎ!!!
お料理のお写真は禁止とのことなので机の上にあるメモと鉛筆でへたっぴだけどスケッチ!!!
しかしスケッチがグチャグチャなのでいまいちあってるかわからないけど(お料理の名前は私がかってにつけたものです、覚えてないもんモーチットこじゃれた名前だった気が)
チーズ風味のシュー、バジルのスープカプチーノ仕立て生ハムの風味根来塗りの器で、セロリの茶碗蒸し根セロリとトリュフ セロリのスープをかけトリュフソースを少し、カリフラワーのグラタン黒トリュフと共に、カボチャのニョッキレタスのソース レタスの中心部を贅沢に使いベーコンをちらしてもの、マカロンをお砂糖の砂利にのせて、
シャネルボタンのチョコ、マンゴーのシャーベト松の実のローストと共に
てな感じでした。いやーんお出かけしないといけないからまた書きまーす

|

« SWEET SSWEETS SWEET♪ | Main | ハイアットリージェンシー大阪 »

Comments

 「BEIGE東京」のサイト見てみました。
ミカリンさんがいかれる場所はどこも素敵な場所で、子供が出来てしまった私が行くことの出来ない場所でいいなぁと思いながら毎回見ています。
私の誕生日か結婚記念日とかに子供を託児所に預けて行ってみたいなぁ。
(「BEIGE東京」は無理そうだけど…)

Posted by: バンビ | February 16, 2006 at 08:30 PM

バンビさんこんばんは♪ベイビーちゃんもこんばんは♪
ぜひぜひ託児所に預けて年に一回はおでかけデートしてみてくださいね♪
でも私も子供がいていいなぁって思いますヨン☆羨ましいでーす
海外も地中海クラブとかならある程度赤ちゃんが大きくなったらミニクラブに預けれるしモーリシャスでもキッズクラブに子供預けて夫婦でラブラブディナーとかとってる人がたくさんいました。すんごい人はお手伝いさんごとこられてました。

Posted by: ミカリン | February 16, 2006 at 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96917/8670085

Listed below are links to weblogs that reference BEIGE 東京 もう食べれません・・。:

« SWEET SSWEETS SWEET♪ | Main | ハイアットリージェンシー大阪 »